« ブログ 世界を変える個人メディア | トップページ | コンスタンティン »

2005.09.04

「ほっとけない 世界のまずしさ」にデジャブ

ホワイトバンドを身につけよう、9.10のホワイトバンド・デーに参加してねという、「ほっとけない 世界のまずしさ」キャンペーンに既視感を覚える。

このキャンペーンのうたい文句はこうなっている。

3秒に1人、子どもが貧困から死んでいます。 食べ物がない、水が汚い、そんなことで。 この状況を変えるには、お金ではなく、あなたの声が必要です。 貧困をなくそう、という声を表すホワイトバンドを身につけてください。

あれ、この話、どっかで聞いたことがある。

18人の子供が1分ごとに死んでゆく。
毎日、毎時、毎分、24人が飢えで死んでゆきます。 そのうちの18人は5才以下の子供です。

というか、この話ってそっくりだ。 「18人が1分」ということは、およそ「3秒に1人」だよね。

えーと、この話をはじめて聞いたのは、たしか1990年頃。 ・・・っていうか、15年たっても何にも変わってないんですか、そうですか・・・。

それでね、この話を、聞いたところは、日本ハンガー・プロジェクトというNGO。 当時は、「2000年までに飢餓を根絶する」と言っていたんだけど・・・。

いや、そもそもハンガー・プロジェクトは、ワーナー・エアハードっていう、自己啓発セミナーな人が、創立者の一人。 「飢餓を根絶する方法はある。 できないのは、みんなにその意志がないから」って、自己啓発セミナーっぽいことを言っていたんだ。 それで、「飢餓を根絶する」という意志を持ってもらうイベントを実施して、そういう意志を持ったという署名、それから募金とかを集めるという活動をしていたんだ。

でも、15年たって「18人が1分」が「3秒に1人」。

わたしたちが過去から学べることって、何なんだろう。

うーん、中にはこんなページも。 大佐blog in ニュー速 「ホワイトバンドの黒い影」

|

« ブログ 世界を変える個人メディア | トップページ | コンスタンティン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/5775493

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほっとけない 世界のまずしさ」にデジャブ:

« ブログ 世界を変える個人メディア | トップページ | コンスタンティン »