« 「ほっとけない 世界のまずしさ」にデジャブ | トップページ | フェルメールの暗号 »

2005.09.05

コンスタンティン

映画『コンスタンティン』、ワーナー・ホーム・ビデオ、2005年のDVDを見る。

この作品は、小さいときから霊視体質で、自殺の罪の免罪を求めてエクソシストになったジョン・コンスタンティンを描いたアクション映画。 病で死期が迫ったコンスタンティンの前に、世界的なレベルの危機が訪れるが・・・というお話。

とにかく、映像がかっこいい。 特に、炎につつまれた地獄の描写が印象的だった。

ストーリーは・・・、個人的には微妙だった。 たとえば、勝負というか、強さに関する、ある程度のルールがわかった方が、見ていて盛り上がる。 しかし、超常のものを扱っているせいで、何でもありになってしまい、いまいち全体の状況が見えにくいのだ。 ロンギヌスの槍とかも、もっと活用されてもよかったような。

|

« 「ほっとけない 世界のまずしさ」にデジャブ | トップページ | フェルメールの暗号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/5774510

この記事へのトラックバック一覧です: コンスタンティン:

« 「ほっとけない 世界のまずしさ」にデジャブ | トップページ | フェルメールの暗号 »