« 嘘を生きる人 妄想を生きる人 | トップページ | 「XHTMLマークアップ&スタイルシート」リフォームデザインガイドブック »

2005.09.21

電波大戦

本田透著、『電波大戦 -- ぼくたちの"護身"入門』、太田出版、2005年を読む。

本書は、以前取り上げた『電波男』の続編。 『電波男』では、現実には真実の愛も素晴らしい女性もいないし、キモいオタクには不利な世界だし、脳内妄想の方がいいんだと主張した。 ところが、こうして本など出して、ステータスが上がったりすると、女性が寄ってくるという「モテの魔の手」が襲いかかるという。 それを乗り越えるために、先輩(?)たちにアドバイスを求めるというのが、この本の概略。

とは言うものの、実際には、『オタク的恋愛の諸相』というノリの本に仕上がっている。 あるいは、自分の意見について、他者の意見を求めた本とも言えるだろうか。 対談した先輩たちというのは、竹熊健太郎、岡田斗司夫、滝本竜彦、倉田英之の4名。 それぞれ、オタクであり、恋愛に対して4人4様のスタンスを取っている。 この4人は、スターウォーズのジェダイに帰還したアナキン、暗黒皇帝、若きアナキン、ヨーダに例えられているが、いずれも極端だ。 セレクト次第では、随分異なったオタク恋愛曼荼羅も描けたかもしれない。

本書を読んで、対談という形のせいも大きいのか、『電波男』の尖った主張が、丸くなってしまったように感じた。 「女はおっかねえ、女は信用できねえ ガクガクブルブル」が、対談や合コン企画を読んでいると、一見「まんじゅうこわい」にも見えてきてしまうのだった。

|

« 嘘を生きる人 妄想を生きる人 | トップページ | 「XHTMLマークアップ&スタイルシート」リフォームデザインガイドブック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/6040704

この記事へのトラックバック一覧です: 電波大戦:

« 嘘を生きる人 妄想を生きる人 | トップページ | 「XHTMLマークアップ&スタイルシート」リフォームデザインガイドブック »