« 陰陽師 13 太陽 | トップページ | 久しぶりの同人誌 »

2005.10.02

サル 5

藤子不二雄A著、『サル (5)』、ビッグコミックス、2005年を読む。

本作は、『プロゴルファー猿』の続編で、この5巻目で完結。 無印版でアメリカに旅立った猿も、もう今では成人。 アメリカで影のプロゴルファーとして各地を転々として活躍中。 その活躍を描いていく。

本作では、前作のように成長するゴルファーとしての猿ではなく、当初は成長したゴルファーとしての猿を描くことになった。 そのため、バリエーションは用意されていたものの、勝負を描く中で、完成された猿の野性味やセンスを強調することになる。 それでは長い物語をひっぱっていくことは難しいわけで、途中からゴルフ産業のオーナーの息子で、プロゴルファーを目指す青年と組んだり、そのオーナーに雇われた弟・中丸との出会いを描いていくことになった。

これは、無印の『プロゴルファー猿』のファンにとっては、なかなかうれしい展開だった。 名作である無印の『プロゴルファー猿』を超えられたかというと、設定にはじまるテーマなどの話作りの面から、それは難しかっただろうと思う。

本作では、円熟した藤子不二雄Aの独特の絵柄、表現が発揮されていて、ファンとしてはうれしい作品だった。

|

« 陰陽師 13 太陽 | トップページ | 久しぶりの同人誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/6209555

この記事へのトラックバック一覧です: サル 5:

« 陰陽師 13 太陽 | トップページ | 久しぶりの同人誌 »