« サイセミナーズアジア | トップページ | 機動戦士ZガンダムII 恋人たち »

2005.10.29

不思議通販 けろりん堂

水上航著、『不思議通販 けろりん堂』、講談社コミックスなかよし、2005年を読む。

本書は、相手と入れ替われるアイテム「入れカエル」を媒介にした、少女の自信回復と恋愛成就の物語。 お話は、春名倭子のところに、ある日、ピンクのカエルのパペットが届く。 実は、このパペットでキスをすると、キスした相手と入れ替わる「入れカエル」というアイテムだった。 家族全員が芸能人だけで、かつて舞台の上で恥をかいたために芸能界アレルギーな倭子。 しかし、あこがれの人は、そのときに助けてくれた秋良くん。 秋良くんに近づくために、「入れカエル」が大活躍するというもの。

この漫画に出てくる、憧れの相手である秋良くんは、才能はあるけれど、気分屋で、ちょっと何を考えているのかわからないタイプ。 でも、親しくなると、その人間味とかやさしさとか魅力がわかったり、実は情熱的な恋をする人だったりする…。 というわけで、そういう意味では、これって女性にとってのツンデレ(普段はツンツンしているけれど、二人っきりになるなどすると急にやさしく甘い展開が…)系のキャラなのでは。 考えてみると、このタイプの憧れの彼というのは、少女マンガではよく見かけるような。 女性向けツンデレって、伝統的なパターンかも。

|

« サイセミナーズアジア | トップページ | 機動戦士ZガンダムII 恋人たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/6715406

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議通販 けろりん堂:

« サイセミナーズアジア | トップページ | 機動戦士ZガンダムII 恋人たち »