« 諸怪志異(四) 燕見鬼 | トップページ | シャングリ・ラ »

2005.10.16

世界の中心、針山さん

治りかけた風邪が再悪化して目がまわる。 こういうときに、宗教の勧誘のメールが来て、さらにくらくら。

成田良悟著、『世界の中心、針山さん』、電撃文庫、2005年を読む。

これは、何だかんだとえらい事件の傍らにいる、針山さんという人物に関係した事件の短編集。 短編では、怪談系の都市伝説と絡んだラブストーリー、頭のいかれた魔法少女、妄想系の神に操られた勇者という、それぞれ電波の入った事件が取り上げられている。

そんな事件の傍らにいて、なぜか事件をときほぐしてしまう針山さん。 こうなると、針山さんは、超常な存在か、普通の人だけどそれが世界の根幹と関わっているんだよというパターンのどっちかがありがちな展開だけど、先はまだ見えない。

とりあえず針山さんはおいといて、電波な事件のお話が好きな人におすすめだと思う。

|

« 諸怪志異(四) 燕見鬼 | トップページ | シャングリ・ラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/6419266

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の中心、針山さん:

» 世界の中心、針山さん/成田良悟 [ラノベ365日]
『世界の中心、針山さん』 成田良悟 電撃文庫 リアル地元だったり 埼玉県所沢市を舞台に巻き起こる様々な出来事。 その出来事には必ず一人の男が関わっていた。 としれじぇ 【恋人未満友達以上の高校生ムーとルル。ムーの部屋に遊びにきたルルは見てしまった。ベット..... [続きを読む]

受信: 2005.10.27 01:36

« 諸怪志異(四) 燕見鬼 | トップページ | シャングリ・ラ »