« なぜ、占い師は信用されるのか? | トップページ | もえかつ 萌える就職活動 »

2005.10.19

空の中

有川浩著、『空の中』、メディアワークス、2004年を読む。

本書は、電撃文庫系の作家さんをハードカバーで出版するという企画で出された本。 お話は怪獣もののジュブナイルだけど、わたしたちの社会というものを考えさせる作品。

舞台は、作者の出身地である高知と名古屋付近。 高知の上空で高度2万メートルを超えた航空機2機が謎の爆発事故を起こす。 実は、この事故は、巨大な平べったい電磁波をコントロールする能力に長けた未知の知的生命体との衝突事件であることが、だんだん明らかになる。 この白鯨と呼ばれる生物と日本政府が交渉中に、米軍の攻撃を受けて生物が分裂し、事態は最悪の展開を迎えるが…というお話。

実は、もう一つストーリーラインがあって、それは事故で亡くなったパイロットの息子が、謎のクラゲのような生物を拾う。 少年は、父を喪った心の隙間を、この生物との交流で埋めようとする。 それが、上記の事件と絡んでいく。

この本では、集団としての知的生命体というものが、非常にクローズアップされる。 白鯨は、高度な知性を有するが、唯一無二な個体で、社会的な振る舞いというものを理解できない。

たとえば、国同士の政治的な問題とか、国の意向と世論が一致しないとか、そういう極めてナイーブに見ると変に思えることが、集団には現実的な矛盾としていろいろ発生する。 また、個人や集団の本音と建前、プライドみたいなものも、相手があって成り立つものだ。

白鯨は、事件に巻き込まれ、このような問題とふれあうことになる。 また、自分自身が分裂してしまったことにより、否応なく、集団としての振る舞いを学ぶことになる。 これらが人間側の視点から語られていく。

物語の中で登場する社会運動団体の姿も示唆的だ。 個人のさまざまな思いが集まって、社会的な運動(社会運動団体に限らない)は構成されるが、それがいびつな形で成立してしまったケースを、本書では描いている。 また、関係のロバストネスみたいな話もあり、個人的には非常に考えさせられた。

と、こう書くと固い小説のようだけれど、実際には、少年の心の再生と、働く大人の挟持を描いた気持ちいい作品。

|

« なぜ、占い師は信用されるのか? | トップページ | もえかつ 萌える就職活動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/6464435

この記事へのトラックバック一覧です: 空の中:

» 海の底 [でじたる異言ノォト]
有川浩著、『海の底』、メディアワークス、2005年を読む。 本書は、先日紹介した『空の中』と同じシリーズだが、話は全く独立に読める小説。 お話は、米軍横須賀基地の一般開放の日に、巨大ザリガニの大群が... [続きを読む]

受信: 2005.10.21 07:01

« なぜ、占い師は信用されるのか? | トップページ | もえかつ 萌える就職活動 »