« 一回休み | トップページ | エウレカセブン グラヴィティボーイズ&リフティングガール 1 »

2005.11.16

絶対可憐チルドレン 1、2

椎名高志著、『絶対可憐チルドレン (1、2)』、少年サンデーコミックス、2005年を読む。

本書は、『GS美神極楽大作戦!』などが有名な椎名高志の新シリーズ。 ギャグとしみじみのコンビネーションという、持ち味がいかんなく発揮された作品になっている。

お話は、それぞれサイコキネシス、テレポート、サイコメトリーで超人レベルの超能力者の少女3人が、国家機関BABELのメンバーとして働いている。 しかし、あまりに化け物じみた能力のために、世間摺れして、性格に問題がある。 そしてその少女たちのお目付役の皆本光一。 この4人を中心に、さまざまな事件が起こり、その中で成長していくというもの。

人格破綻者だけど、どこか幼い少女の面も秘めた3人組のキャラクターが秀逸だった。

|

« 一回休み | トップページ | エウレカセブン グラヴィティボーイズ&リフティングガール 1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/7136228

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対可憐チルドレン 1、2:

« 一回休み | トップページ | エウレカセブン グラヴィティボーイズ&リフティングガール 1 »