« <霊>の探求 | トップページ | クルクルくりん 3 »

2005.11.11

アクセスガール アスカ危機一髪

「アクセスガール アスカ危機一髪」、技術評論社、2005年を読む。

本書は、以前紹介した「アクセス探偵IHARA」の続刊。 内容は、IT系の犯罪を、コミックス+コラムで解説するというもの。 取り上げられているのは、出会い系と個人情報売買、トロイの木馬、盗撮とスパイウェア、追跡ソフトと違法コピーなど。 その他に、コラムで、USBメモリやノートパソコン、廃棄HDDからの情報漏洩や、P2Pソフト経由の危険、仕事中の私用ネット利用と監視、サイトに情報を入力するときの危険性などについても触れられている。

前作に比べると、ストーリー性が高まっているような気がする。 主人公は、「バグ出しの"ネ申"か、組織の破壊者か」、IT系の犯罪に対する野性と早期教育で培われたカンを持ったアスカという女性。 ただし、昔の「ベーシックマガジン」調の絵柄と展開なので、一部のオールドなファン以外にアピールするかどうかは微妙なところかも。

|

« <霊>の探求 | トップページ | クルクルくりん 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/7047830

この記事へのトラックバック一覧です: アクセスガール アスカ危機一髪:

« <霊>の探求 | トップページ | クルクルくりん 3 »