« 萌え経済学 | トップページ | 赤×ピンク »

2005.11.06

稗田のモノ語り 妖怪ハンター 魔障ヶ岳

諸星大二郎著、『稗田のモノ語り 妖怪ハンター 魔障ヶ岳』、講談社、2005年を読む。

本書は、妖怪ハンターというか、稗田礼二郎シリーズの最新作の連作短編集。 「メフィスト」誌に連載されたものを加筆訂正してまとめたもの。

お話は、魔障ヶ岳というところに、「天狗の宝器」というものの調査に赴いた稗田。 増えた同道者たちと、辿り着いた場所で、異界のモノに名前をつけるようにと誘われるが…。 そして、その後、異界のモノを連れ帰ったものたちの間に事件が起こるというもの。

本作品では、ラップやケータイなど、現代のものが出てきて、結構、びっくり。 カバーのデザインも凝っている。 「メフィスト」効果だろうか。 ストーリーの方は、人間の欲望を投影される名前無きものと、欲望の暴走を描いたもので、いつもの諸星作品になっていて、安心。

帯には、「生命の木」を映画化した「奇談」の広告が載っていた。 11月19日ロードーショーとのこと。

|

« 萌え経済学 | トップページ | 赤×ピンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/6922743

この記事へのトラックバック一覧です: 稗田のモノ語り 妖怪ハンター 魔障ヶ岳:

« 萌え経済学 | トップページ | 赤×ピンク »