« 絶対可憐チルドレン 1、2 | トップページ | 病気と周期性 »

2005.11.17

エウレカセブン グラヴィティボーイズ&リフティングガール 1

BONES原作、貴月未来漫画、佐藤大シリーズ構成、『エウレカセブン -- グラヴィティボーイ&リフティングガール (1)』、角川コミックス・エース、2005年を読む。

本書は、PlayStation2版の「エウレカセブン」に関係するコミックス(らしい)。 残念ながら、ゲーム版はデモ映像の段階で好みに合わなそうだったのでプレイしていないので、コミックだけの話をする。

お話は、名家に生まれ自分が何をしたいのか悩む少年、そして女性が出場できないリフティング(空を飛ぶサーフボードの競技)に魅せられた少女の物語が、同時並行で、時には交わりながら進んでいく。 与えられた条件の中で、その条件に満足しない2人。 この後、どうなっていくのか、楽しみな作品。

|

« 絶対可憐チルドレン 1、2 | トップページ | 病気と周期性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/7156158

この記事へのトラックバック一覧です: エウレカセブン グラヴィティボーイズ&リフティングガール 1:

« 絶対可憐チルドレン 1、2 | トップページ | 病気と周期性 »