« リヴァイアサン 12 | トップページ | 学校にオープンソースコンピュータを導入しよう! »

2005.11.30

コミックマスターJ 13

余湖裕輝作画、田畑由秋脚本、『コミックマスターJ (13)』、YKコミックス、2005年を読む。 昨日紹介した『リヴァイアサン』もそうだけど、でかい風呂敷を広げてしまい、終わらない、終われないかもしれないという不安を抱かせつつも、完結した『コミックマスターJ』。

本書は、すさまじい実力を持ちながらも、自分のマンガを描かずに、伝説の助っ人アシスタントとして生きるコミックマスターJという、マンガ界のブラックジャックを描いた作品。 何故、コミックマスターJが、自分の作品を世に問わないのかということと、助っ人アシスタントをしていることは、作品の謎だった。 最近の巻では、これらの謎が明らかになっていたが、この最終巻では、とうとう究極のマンガが公開され、世界の崩壊がやってくる。 この危機に、マンガに携わってきたものたちは一体どう立ち向かうのか…。

こんな荒唐無稽な無茶な展開もおもしろかった本作だが、マンガに関する旬な話題もよく取り上げられ、いろいろな意味で興味深い作品だった。

|

« リヴァイアサン 12 | トップページ | 学校にオープンソースコンピュータを導入しよう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/7388727

この記事へのトラックバック一覧です: コミックマスターJ 13:

« リヴァイアサン 12 | トップページ | 学校にオープンソースコンピュータを導入しよう! »