« 稗田のモノ語り 妖怪ハンター 魔障ヶ岳 | トップページ | インターネットは「僕ら」を幸せにしたか? »

2005.11.07

赤×ピンク

桜庭一樹著、『赤×ピンク』、ファミ通文庫、2003年を読む。

桜庭一樹の最近の作品はフォローしていたけれど、昔の作品を読んでいなかったので、今回読んでみた。 キャットファイトという非日常空間で戦うファイターの女の子3人を主人公にした、連作短編で本書は構成されている。

ファミ通文庫という、多くはゲーム関係のラインナップで構成されているシリーズから出た作品とは、とても思えない、というか、読み終えた今、なんかわたしには語る言葉がほとんどない。 茫然と、確かだった何かが壊れる気分にとらわれている。 本当は、違う本の話をエントリーしようと思っていたけれど、今は、これしかできない。

|

« 稗田のモノ語り 妖怪ハンター 魔障ヶ岳 | トップページ | インターネットは「僕ら」を幸せにしたか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/6937656

この記事へのトラックバック一覧です: 赤×ピンク:

« 稗田のモノ語り 妖怪ハンター 魔障ヶ岳 | トップページ | インターネットは「僕ら」を幸せにしたか? »