« グミ・チョコレート・パイン 6 | トップページ | 妖怪ハンター 地の巻、天の巻 »

2005.11.21

ボクのセカイをまもるヒト

谷川流著、『ボクのセカイをまもるヒト』、電撃文庫、2005年を読む。

本書は、谷川流の新シリーズの1冊目。 お話は、とくに何のとりえもない高校生・朝凪巽のところに、理由はよくわからないけれど、とにかく守れと言われたと言って、幼女型のロボットとツンデレの超常鉄拳少女がおしかけてくる。 更に、剣士少女とメイド、人格崩壊系の青年と幼女の魔法使い、天使、etc.といった連中が、守ったり、殺したりを目的としてやってくる。 どうも、8つの世界が交わろうとしており、そのため戦争が勃発し、朝凪巽はその重要なポイントになっているらしいのだが・・・というストーリー。

少なくとも表面上、キャラクターもストーリーも、現在の流行に沿っており、萌えポイントは高い。 ただ、それだけではない何かが、この著者からは感じられる。 わざとわかって、こういう話を書いているような気がするのは、わたしだけだろうか。

|

« グミ・チョコレート・パイン 6 | トップページ | 妖怪ハンター 地の巻、天の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/7240044

この記事へのトラックバック一覧です: ボクのセカイをまもるヒト:

« グミ・チョコレート・パイン 6 | トップページ | 妖怪ハンター 地の巻、天の巻 »