« くもはち 偽八雲妖怪記 | トップページ | ひぐらしのなく頃に コミックス3冊 »

2005.12.26

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 11

安彦良和著、矢立肇、富野由悠季原案、大河原邦男メカニックデザイン、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN (11)』、角川コミックス・エース、2005年を読む。

当初、原作のアニメに沿いつつも、オリジナル要素をちりばめてきた〈THE ORIGIN〉シリーズだった。 しかし、ここのところ、シャア(キャスバル)とセイラ(アルテイシア)の過去を描く、オリジナル編に突入している。 この巻では、シャアという人物になりすましたキャスバルの、士官学校での活躍を描いている。 ガルマやドズルとの因縁など、非常におもしろい。

ここで描かれているシャアは、あまりにエリートで天才でかっこよすぎる。 この凄い人物が、この後、ダメダメ人間のアムロにおされ続けるのかと思うと…。 あまりの理不尽さに涙が。

|

« くもはち 偽八雲妖怪記 | トップページ | ひぐらしのなく頃に コミックス3冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/7855378

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダム THE ORIGIN 11:

« くもはち 偽八雲妖怪記 | トップページ | ひぐらしのなく頃に コミックス3冊 »