« 漫画家超残酷物語 | トップページ | スピナス »

2005.12.05

へるん幻視行

宇治谷順原作、ほんまりう作画、『へるん幻視行』、小学館 BIGCOMICS SPECIAL、2005年を読む。

本書は、小泉八雲の松江時代を描いた作品で、ときたま幻想的なシーンも描かれる。 そういう意味では、奇人だらけの森美夏、大塚英志の『八雲百夜』(単行本になっていない)とは随分対照的だ。 そして、本書の物語は、最終的には過去の因縁と人情話である。 比較的ストレートな小泉八雲話を求める人向けの作品だった。

|

« 漫画家超残酷物語 | トップページ | スピナス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/7472444

この記事へのトラックバック一覧です: へるん幻視行:

« 漫画家超残酷物語 | トップページ | スピナス »