« プリンセスの義勇海賊(シュバリエ) | トップページ | 黒祠の島 1、2 »

2006.01.09

ドージンワーク 1

ヒロユキ著、『ドージンワーク (1)』、芳文社 まんがタイムKRコミックス、2006年を読む。

これは、同人活動をネタにした4コママンガ。 主要な登場人物は、同人でもうけようというなじみ、その本の初のファン、なじみの友人で陵辱系のエロ同人作家の露理(つゆり)、人気同人作家の変な人ジャスティス、幼い同人作家のソーラなど。 なじみは、最初、同人という世界を知らないのだが、露理にビッグサイトに誘われて、この道に足を踏み込むことに…というお話。

反島津小太郎の『C!!』などにも通じる同人ネタのマンガとしておもしろい作品。 ネタはやや萌えというかロリの方向に現実離れしている。

…のだが、個人的には、微妙に正体不明の不思議な違和感を感じてしまう。 うーん、何なのだろう。

|

« プリンセスの義勇海賊(シュバリエ) | トップページ | 黒祠の島 1、2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/8085981

この記事へのトラックバック一覧です: ドージンワーク 1:

« プリンセスの義勇海賊(シュバリエ) | トップページ | 黒祠の島 1、2 »