« 新年企画 易占 2006 | トップページ | まるくすタン »

2006.01.02

眠れる人の島

エドモンド・ハミルトン著、中村融編、『眠れる人の島』、創元SF文庫、2005年を読む。

本書は、〈キャプテン・フューチャー〉全集がまもなく完結するエドモンド・ハミルトンの日本オリジナルの短編集。 ファンタジー系の作品が5編収録されている。

もう、1つめの「蛇の女神」から感動。

わたしは、ハミルトンの短編では、これから出版されるキャプテン・フューチャーの短編集に収録予定の「太陽の子供たち」が好きだ。 ヒーローのはずのキャプテン・フューチャーが、自らの欲望(この場合は知的好奇心)に負けて、向こう側へ行きそうになってしまう作品だ。

「蛇の女神」でも、主人公は太古の美しい邪女神ティアマトに魅かれてしまう。 それでも、なんとか踏みとどまるが、心はひかれたまま話は終わる。

ハミルトンはこういう話は、とてもうまいと思う。 どうしても魅きつけられずにはいられない、邪な何か。 理性では駄目だとわかっていても、それでも魅きつけられてしまうという、気持ちがものすごくよくわかるのだ。

他にも、どこか他に自分の本来の世界があるという感覚を描いた作品や、ゴーストハンターもの、SFっぽい冒険ものなど、これぞハミルトンという感じの作品集で、非常によかった。

|

« 新年企画 易占 2006 | トップページ | まるくすタン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/7954169

この記事へのトラックバック一覧です: 眠れる人の島:

« 新年企画 易占 2006 | トップページ | まるくすタン »