« 陰陽師は式神を使わない | トップページ | 流れ星が消えないうちに »

2006.02.24

ウェブ進化論

梅田望夫著、『ウェブ進化論 -- 本当の大変化はこれから始まる』、ちくま新書、2006年を読む。

本書は、ネットに起こっている革命的な動きを紹介した本。 それは、オープンソース、チープ革命、インターネットの3つを基盤にして起こっているというのが本書の主張だ。 ここで他の2つに比べると見慣れない「チープ革命」という言葉は、要するに低価格で高性能がITの世界でどんどん実現されつつあることを意味する。

これらのおかけで、今や、いろいろな人がネットでなんとなく意見を表明し、なんとなく読むことにより、なんとなく意見が集約されるようになった。 そして、群衆の智によって、一部の例外を除き、そこそこ大まかにうまくいく。 また、ほんの一部が高い集客力を持ち、その他はなだらかなロングテール状の低い集客力しか持ち得ない、そんなネット世界。 しかし、そのロングテールも集めてみると、場合によっては無視できない規模になるようになってきている。

そんな著者なりのネット世界観を、本書では紹介している。

このネット社会の流れには、必ずしも賞賛できるものではない、負の部分も存在していると思う。 まあ、こう考えてしまうのは、ある意味、非常にWeb 2.0的でないのだろう。 望むと望まざるにかかわらず、この世界の変化は圧倒的な物量で押し寄せてきて、わたしたちを飲み込んでいくのだろう。

|

« 陰陽師は式神を使わない | トップページ | 流れ星が消えないうちに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/8821486

この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ進化論:

» ウェブ進化論 前編 [Shoulder.jp]
ウェブ進化論 今話題の「ウェブ進化論」。 はてな取締役でシリコンバレーで10年... [続きを読む]

受信: 2006.03.08 11:50

« 陰陽師は式神を使わない | トップページ | 流れ星が消えないうちに »