« 白き狼の歌 | トップページ | とんがり帽子のメモル アートワークス »

2006.03.29

FreeBSD portupgradeの悩み

ココログのバージョンアップ後の重さが、予想以上でなかなか厳しいものが。

それはともかく、自分の運用しているマシンの方もシステムのアップデート中。 最近、FreeBSDは、cvsupで、アップデートしたいメジャーバージョンの系列の最新版に、ソースを同期して、makeすれば、OSそのものは問題なくアップデートできている。

問題は、portsで入れたアプリケーションの方。 そもそも、いろいろなアプリケーションを入れる場合、アプリケーション間の依存関係とか、コンフリクト関係とか、いろいろあって、なかなか悩ましい状態になる。

むかしむかし、現在のようなパッケージ・システムがなく、Makefileを変更して、ソースからビルドしてインストールするのが当たり前だった時代。 そんな時代に、NTTの日本語LaTeXとASCIIの日本語LaTeXの両方を入れて、ベクトルフォントを使って、なるべく共有可能なファイルは共有して…なんてことで悩んだことがあれば、この面倒くささはわかってもらえるかもしれない。 って、そんな人は、今では天然記念物のように希少かも。

いずれにせよ、非常にややこしいパズルのようなものを、簡単にインストールできるように、パッケージ化したり、OS専用のインストール手段が用意されるようになった。 しかし、必ずしもうまくいかない。 依存関係の処理がおかしかったり、バッティングの情報がわかりにくかったり、ものによってはパッケージの出来が悪かったりすることがある。

今回も、portupgradeというportsをアップグレードするアプリケーションを使って、自動でアップデートしようとしたら、KDE関係でかなりはまってしまった。 うーん、結局、一回クリーンにして、入れ直した方が確実ですか、そうですか…。

|

« 白き狼の歌 | トップページ | とんがり帽子のメモル アートワークス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/9324229

この記事へのトラックバック一覧です: FreeBSD portupgradeの悩み:

« 白き狼の歌 | トップページ | とんがり帽子のメモル アートワークス »