« 自己啓発セミナーを考えるシンポジウム | トップページ | 狂気の偽装 »

2006.05.19

化生曼陀羅

ささやななえこ著、『化生曼陀羅』、ハヤカワコミック文庫、2006年を読む。

本書は、児童虐待を描いた『凍りついた瞳』で有名なささえななえこが、1980年代前半に描いた怪奇漫画。 オシラという神秘的な力を持った美青年が登場する作品を3つ収録している。 ただし、オシラと言っても、あまり実際のオシラさまとは関係がない。

お話は、荒々しい神の力を手に入れようとするものや、過去の餓鬼の因縁や、秘宝を入手しようとするものなど。 いずれにせよ、あまり幸せな話ではない。

読んでいると、レトロな感じがする怪奇漫画だった。

|

« 自己啓発セミナーを考えるシンポジウム | トップページ | 狂気の偽装 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/10135992

この記事へのトラックバック一覧です: 化生曼陀羅:

« 自己啓発セミナーを考えるシンポジウム | トップページ | 狂気の偽装 »