« アイの物語 | トップページ | TRICK 劇場版2 »

2006.06.10

ガンパレード・オーケストラ 白の章

榊涼介著、『ガンパレード・オーケストラ 白の章』、電撃文庫、2006年を読む。

本書は、同名のゲームのノヴェライズ。 榊涼介は、このゲームの前作である〈ガンパレード・マーチ〉シリーズのノヴェライズも書いているが、キャラクターの魅力を十分に引き出した好シリーズとなっていた。 本書でも、その手腕は、十分に発揮されている。

「ガンパレード・オーケストラ 白の章」は、「ガンパレード・マーチ」の後日談で、青森を舞台に、新任の隊長が、やる気がなく、実力がなく、反発する学生兵を、少ない物資の中で、まとめていく物語だ。 いまいち、キャラクターの人数が多く、個性がわかりにくく、ストーリーも序盤が気が重くなるような内容だ。

それが、すんなりわかりやすい小説に仕立てられていて、ちょっとびっくり。 さすがに1冊の本になっているので、活かされていない設定などもあることはある。 しかし、先に小説を読んでからゲームに取り組んだ方がとっつきやすいような。

|

« アイの物語 | トップページ | TRICK 劇場版2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/10463712

この記事へのトラックバック一覧です: ガンパレード・オーケストラ 白の章:

« アイの物語 | トップページ | TRICK 劇場版2 »