« Programming in Objective-C (1) | トップページ | Programming in Objective-C (3) »

2006.08.05

Programming in Objective-C (2)

前回の続き。

今回は、第2章「Programming in Objective-C(オブジェクトCによるプログラミング)」。 内容は、Mac OS Xのコマンドライン、Xcode、WindowsのMinGWなどのGCC環境におけるプログラムの作成とコンパイルと実行について。

ポイントは、Objective-Cのソースファイルの拡張子は「.m」。 コマンドラインでコンパイルするには「gcc -o 出力ファイル名 ソースファイル名 -l objc」。 Xcodeの場合は「新規プロジェクト」で「Application」→「Cocoa Application」あたりを選ぶ。 Cとの違いは、#include じゃなくて#import になっていること。 あと、printfの変換指定子%dは、%iと書いても同じで、本書では%iの方が使われている。

|

« Programming in Objective-C (1) | トップページ | Programming in Objective-C (3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/11251356

この記事へのトラックバック一覧です: Programming in Objective-C (2):

« Programming in Objective-C (1) | トップページ | Programming in Objective-C (3) »