« ライフダイナミックス大阪の受講生だった松永英明 -- オウム・アレフ(アーレフ)の物語 | トップページ | ヨイコノミライ 完全版 4 »

2006.09.23

20年目の「マイペース塩田くん」

「マイペース塩田くん」を知っているだろうか。

「アニメック」という、ちょっと(?)変わったアニメ誌に掲載されていたマンガだ。 ちなみに「アニメック」の元編集者として、有名な人としては、角川のアニメ・コミック関係の偉い人、井上伸一郎がいる。

で、この「マイペース塩田くん」というマンガは、プロのマンガ家ではなく、編集部のアルバイトが描いていたものだった。 描いていたのは「塩田」という人物で、この人、アニメ業界でバイトをしようとする割には、比較的社会常識があるということで、誌面でも話題になっていた。 このアルバイトの塩田くんは、大学卒業後、「アニメック」というか発行元のラポートに就職することなく、外食業界に就職したことが伝えられた。 そして、その後、しばらくすると「アニメック」は休刊してしまう。

「おお、趣味とバイトと生業と、将来設計とは」、なんてことを思わず考えさせられる出来事だった。 もっとも、その教訓は、全く今のわたしには活かされていないような気もするが。

ところで、つい先日、マンガ雑誌の「リュウ」が創刊(復刊?)された。 非常に微妙な連載陣と誌形で、どのくらいの読者を見込んでいるのかが、謎の変なマンガ雑誌になっている。

この「リュウ」には、出渕裕の人生相談という、これまた謎な連載コーナーがある。 この連載、担当編集者が、出渕裕と毎月3時間くらい居酒屋で飲みながら雑談しつつ、読者からの人生相談に答えるという、うーむな企画だ。

この第1回目は、当然、読者からのハガキがないということで(何故か存在している場合もあるが)、担当と出渕裕の対談になっている。 そして明らかにされる担当の過去…

アニメ誌で学生時代に5コママンガ描いていました。 卒業して普通の会社に就職したのですけど、戻って来いと言われたんです。

[中略]

んで編集に戻り、3年後に某F書房に転職。

…。 えーと…。 結局、このセカイからは逃げることができないということでしょうか。

出渕さんの色紙もナイス。

ボクは
マイペースで
仕事してます

|

« ライフダイナミックス大阪の受講生だった松永英明 -- オウム・アレフ(アーレフ)の物語 | トップページ | ヨイコノミライ 完全版 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/12001809

この記事へのトラックバック一覧です: 20年目の「マイペース塩田くん」:

« ライフダイナミックス大阪の受講生だった松永英明 -- オウム・アレフ(アーレフ)の物語 | トップページ | ヨイコノミライ 完全版 4 »