« 20年目の「マイペース塩田くん」 | トップページ | コミケ(元)代表米澤嘉博氏死去 »

2006.10.01

ヨイコノミライ 完全版 4

きづきあきら著、『ヨイコノミライ 完全版 (4)』、小学館 IKKI COMIX、2006年を読む。

『ヨイコノミライ』は、『究極超人あ〜る』や『げんしけん』と対照的に、ダークにおたくを描いた作品。 漫研が舞台で、登場人物は、電波な押し掛け、リスカなどなどのイタい連中ばかり。 これまたイタそうな少女・青木杏は、この漫研の面々のナイーブさを憎み、連中の心の隙間をついて、壊そうとするが…というのが、この物語だ。

この作品は、ぺんぎん書房のWebコミック誌「COMIC SEED!」で連載されていたが、ぺんぎん書房が倒産したため、連載が中断されてしまっていた。 今回、小学館のIKKI COMIXから、全4巻で書き下ろしを加えて出版され、完結した。 ぺんぎん書房版に収録されていないのは、3巻の一部と4巻だ。 4巻には120ページの書き下ろしの結末がついている。

120ページで描かれた結末は、特に同人誌即売会の場面で駆け足すぎる展開になったように感じたものの、多数の登場人物の伏線をとにかく回収している。 立ち止まるものとどこかへ行こうとするものの明暗を描く突き放した作品だった。

|

« 20年目の「マイペース塩田くん」 | トップページ | コミケ(元)代表米澤嘉博氏死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/12110395

この記事へのトラックバック一覧です: ヨイコノミライ 完全版 4:

« 20年目の「マイペース塩田くん」 | トップページ | コミケ(元)代表米澤嘉博氏死去 »